Trunkshow
SUNAOKUWAHARA
sunaokuwahara(スナオクワハラ)の2022A/Wコレクション。「追憶と希望」をテーマに過去と現在、今の感覚とを結びつけることで、未来への希望を表現した。世界を旅してきたデザイナーが日本の田園風景をモチーフに用いたり、日本各地の伝統技術にスポットを当てるなど原点回帰とも言える作品が揃う。伝統的な反物を染色する京都で制作されたギャバジン生地や、北陸で作られたピーチタッチの生地などオリジナルファブリックに注目。


SHOP LOOKS


SHOP PRODUCTS

Now Loading...

Loading...