@SeeNowTokyoは東京ブランドの最新コレクションをすぐに予約できる初めてのECサイトです。

✔︎コレクション発表直後にいち早く予約購入できる!

✔︎背景のストーリーを深く知ることができる!

✔︎一目惚れした商品の買い逃しがない!

YEAH RIGHT!!
リメイクで点火するブランドの新たな魂
一枚ずつ厳選されたヴィンテージをリメイクし、新たな命を吹き込むYEAH RIGHT!!。2018AWはストリートテイストの中にも女性らしさがのぞくラインナップに。デザイナーの河村氏に、今期のクリエーションとその背景について話を聞いた
―2018AWのテーマとそこに込められた思いを教えてください
テーマは「Re:LIGHT」です。“Re:”は毎シーズン付けられるYEAH RIGHT!!の制作の核となっているリメイク(Remake)を意味し、”LIGHT”の意味は光、(色が)淡い、軽妙な、ともす、などを合わせました。光を受けて、反射や透けなどの変化が出る素材(ベロア、サテン、半透明箔プリントなど)を多用し、古着と合わせることで「Re:LIGHT」を表現しました。

一方でRELIGHT(再点火)という単語から連想して、自分達のリメイクへの熱意を再点火させるような、新たな手法のリメイクにも挑戦しています。
今シーズンも引き続き、デザイナーが1枚ずつ厳選したビンテージアイテムと、縫製工場やアトリエ生産など、独自の生産ラインでリメイクコレクションを展開することで、同じ型でもすべて柄が異なるアイテムが並ぶため、自分にあった1着を選ぶ楽しむことができます。
―2018AWはルックにアジアンモデルを起用するなど変化があったと思いますが、表現の仕方について意識したことは?
ここ数シーズンのイメージルックはスタジオで撮ることが多かったのですが、YEAH RIGHT!!の服が街に溶け込むシーンを見てもらいたくて。ストリートにもモードにも着られるんだなと、見る人がイメージしやすいように意識しました。 アジアンモデルに着てもらったのは、特に深い意味はありません(笑)。対比して見せる服や鏡のイメージがあったので、2人の似たモデルを探していところ、彼女達の相性が良かったのでお願いしました。
―2018AWで特に注目してほしいアイテムについて教えてください
1つ目はショット製ライダーズを使用したリメイクシリーズですね。強いイメージのレザーライダーズと軽くて柔らかいカシミヤ混のウールを使用した今のYEAH RIGHT!!らしいアイテムかと思います。
2つ目はRe:LIGHTのテーマを象徴する素材・サテンを使ったシリーズ。透け感と光沢が楽しめます。花柄のスカートとミックスしたローブや、トラックパンツ、天竺生地と切り替えたカットソーなど充実しています。
3つ目は、1つ目のライダーズの古着を使用せずにプロダクトに落とし込んだシリーズ。 リネン×ベロア、ウール×ボア、のミックス素材をショート丈、ロング丈とバリエーション豊かに展開しているので、好きな一着を見つけて欲しいですね。
DESIGNERS' PROFILE :

河村慶太(Keita Kawamura)  1980年生まれ。文化服装学院卒業。
「ノゾミ イシグロ(NOZOMI ISHIGURO)」にてアシスタントを勤める

井村美智子(Michiko Imura)  1980年生まれ。文化服装学院卒業。 エイ・ネット(A-net Inc.)に入社。「スナオクワハラ(sunaokuwahara)」にて企画として勤める。

2005年に1点物を中心とした制作を中心に「イエーライト(YEAH RIGHT!!)」設立。
“daily life of the eternity” 日々の暮らしがソースとなり、『既にあるもの』の価値観を更新/問い直す作業から浮かび上がる服。 『服を着る行為』『服を売る行為』を掘り下げ、独自の答えを導き出す。
近年は、コットンを自分たちで栽培、収穫しTシャツを作る”KNOW COTTON PROJECT”や、BSフジのTV番組「ANSWERS」出演。宇多田ヒカル、aiko、Twothなどのアーティストへの衣装提供、DRESSCAMPとのコラボレーション、カンヌ国際広告祭(カンヌライオンズ)フィルム部門金賞作品「Love Distance」の衣装制作、陶器ブランド「TALKY(トーキー)」、日用品×デジタルコンテンツを制作する「PEOPLEAP(ピープリープ)」など幅広く活動

Text: Naoco Okada
YEAH RIGHT!! 2018AW COLLECTION
全てのアイテムを見る

© 2017-2018 @SeeNowTokyo All Rights Reserved.