G.V.G.V.
ジーヴィージーヴィー


G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)は、MUGがデザイナーを務めるレディースブランド。フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想し、カウンターカルチャーを永遠のテーマとして掲げる


SHOP PRODUCTS

  • <
  • 1
  • >

COLLECTION LOOKS

G.V.G.V. 2018AW COLLECTION

ブランド設立20周年を迎えるG.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)。記念すべき2018AWシーズンは、デザイナーMUG氏のルーツとも言える、90年代の東京カルチャーをソースに、HYSTERIC GLAMOURや、FRANK KOZIC氏との豪華コラボレーションが実現。


SPECIAL INTERVIEW

2018A/W コレクションインタビュー

ブランド設立20周年を迎えるG.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)。記念すべき2018AWシーズンは、デザイナーMUG氏のルーツとも言える、90年代の東京カルチャーをソースに、HYSTERIC GLAMOURや、FRANK KOZIC氏との豪華コラボレーションが実現。「今も昔も変わらずに好きなものをミックスした」と話すMUG氏に、今季の見どころについて話を聞いた。

─── コレクションを作る上で、テーマやデザインプロセスはどう構成していますか?

その時、頭の中に一番強くあるイメージ(気になる事など)をヴィジュアル、色、柄などに落とし込みながら、徐々に形にして行く感じですね。

─── 2018AWのテーマと見どころを教えてください

テーマは「opticadelic」。
オプティカル柄、サイケデリックフラワー柄、モアレ柄、カラーなどを混ぜることで、視覚的なパターンレイヤーが楽しめます。ブランド設立20周年ということもあり、今気になるものはもちろん、当時気になっていて今も変わらず好きなものをミックスしました。

─── 2018AWはコラボレーションのアイテムが豊富ですが、至った経緯やこだわった点を教えてください

ブランド設立当初の90年代のプリントやカルチャー的マインドが大好きで強く影響を受けたんです。 HYSTERIC GLAMOURや、アーティストのFRANK KOZIC氏に20周年記念としてコラボレーションのオファーをしたんです。両者とも快諾してくれた時には本当に感無量でしたね。自分に無いものが合わさる事で、素晴らしいコラボレーションが実現しました。自身のバックグラウンドや内に秘めた思いからオファーする事が大切だと思っているので、ずっと片思いだった関係が、両思いになれてうれし泣きしそうになる“恋愛に近い感覚”でした。 笑

─── コレクションの中で特に注目して欲しいアイテムは?

それぞれのプリントアイテムですね。HYSTERIC GLAMOUR、FRANK KOZIC氏のキャッチーでアイコニックなプリントが充実しています!

─── 2018AWのアイテムをどんな風に着こなして欲しいですか?

ストリートや、タウンユースなアイテムが多いので、あえて柄とミックスして90年代ライクを楽しんで欲しいですね。


Designer Profile

MUG(マグ)

1971年生まれ。1991年に桑沢デザイン研究所を卒業し、1996年、セレクトショップk3を運営する有限会社ケイスリーに入社。1999年にG.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)を立ち上げる。2010年春夏からは、ケイスリーが展開する代官山のセレクトショップ、「grapevine by k3」のバイイングも担当する。


Brand Profile
G.V.G.V.

G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)は、デザイナーMUGによるファッションブランド。1999年、セレクトショップを運営する有限会社ケイスリーから、 デザイナーMUGが「G.V.G.V.」を立ち上げる。2003年秋冬に東京コレクションにてランウェイデビュー。 ユニクロのデザイナーズ・インビテーション・プロジェクトへの参加や、アーティストの加賀美健とのコラボを実施。 セレクトショップREDIOやメルクールベサニー(Merukur Vesenyi)、オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)とのコラボ商品も販売。 2011年、セカンドライン「NAKID by G.V.G.V.」をスタート。2014年春夏からは、コレクション発表の拠点をパリに移動する。2019年春夏、ブランドロゴをリニューアルし再スタートを迎える。